スタッフブログ

入部 自己紹介へ

収納計画のポイントはカスタマイズとフレキシビリティ

2022/09/26(月) 家づくりのこと

こんばんは。イリベです。

ようやく暑さも和らいで秋の空気感が漂ってきましたね。

私はさっそく栗の渋皮煮を作って「食欲の秋」を順調に楽しんでいます^^

 

 

さて、今日はおうちを建てるときに役立つ収納計画についての考え方を。

 

「収納」を考えるとき大切にしたいのは

適度な「カスタマイズ」と 可能性を広げる「フレキシビリティ」

 

今の生活での困りごとや収納したいものの量、

使う頻度と取り出しやすさなど、

家の間取りとともに自分たちが使いやすいように考えていくのが「カスタマイズ」

片づけかたのクセや好みなどを打ち合わせの中でしっかりお聞きしながら

適所に適量の収納計画をしておくと

いざ、住み始めたときに安心して生活をはじめることができますね。

 

たとえばこんな収納・・・

パントリーとして使うこのスペースには

かごを使った収納を。

横並びに統一したかごを収めると見た目もすっきりです。

重たいものは目線より下に。

軽くて使用頻度の低いものは上に収納するのが◎

 

飲料水など重いものを入れる想定で

荷重にも耐えられるよう固定した棚をつけました。

 

 

 

こちらも同じようにかごに入れて整えた収納。

 

着替えなどを家族それぞれ自分のかごの中に収納して使います。

ミラーに映って倍の量のかごが並んでるように見えるのも

すっきりと閉まっているからこそ雑然としない工夫です。

 

一人分ずつかごに入れて収納したい、というご希望を叶えた「カスタマイズ」です。

 

 

そしてもうひとつのポイント

「フレキシビリティ」

これはいろんな場面に応じて融通が利く、ということ。

 

 

家づくりをしている時は

ちょっと先の予測のできる未来の暮らし方をイメージして、

困りごとを解決できるよう、

そして今、欲しいものを盛り込んだ希望をお話しいただくことになるのですが

これから先、30年、40年、、、、と住み続けていくことを考えると

融通の利く家であることも大切にしたいポイントになるなあと思っています。

 

たとえばこちらのシューズクローク。

 

横から見るとこんな感じ↓

可動レールが付いていて、高さを自由に変化させることができます。

さらに靴の量が増えてきたら

棚を増設することも簡単です。

例えば下の棚をはずして足元に大きなクーラーボックスや資源ごみ用のダストボックスを置くなども可能。

全部とりはずしてゴルフバッグを置いたりもできて可能性が広がります。

 

 

本棚もフレキシブル↓

棚の縦部分は固定ですが

横板は高さが変えられるように作りました。

大きなアルバムを収納したり

小さな小物を飾ったり

その時々で最適な状態に変化させて使えます。

 

 

収納の話は奥が深いですね。

 

今回のブログのポイントは「ここにこれをジャストサイズで入れる!」とガチガチに計画しすぎるよりは

将来、暮らしが変化したときにも対応できるように可変性のあるゆとりをもった収納のスペースも

確保しましょうね、ということ。

時代の変化に柔軟なおうち、作っていきましょう!!

 

 

BROOKの見学会に参加するメリット

他では見ることができないオーダーメイドのキッチンや洗面台などBROOKならではのオリジナリティ溢れる空間を体感することができます。

 

見学会に参加された方の声 

見学していただいた方の感想を少しご紹介します。

「玄関~ファミリークローゼット~洗面脱衣室~キッチンの動線がめっちゃいい!」 

「キッチン・ダイニングの横並びのレイアウトや料理しながら中庭を眺められる景色、うっとりします」

「キッチン向かいのスタディースペース、横に長くて、使い勝手がよさそう」

「3mの造作食器棚、収納力すごいですね!それにインテリアに統一感があっていい!」

「中庭が広くて、お子さん達がのびのび自由に遊びまわれそうで、いいですね!」

「100坪あると、平屋建てても、こんなにゆとりがあるんですね、とっても参考になります」

このようなお声をたくさん頂いております。ぜひ、ご体感にいらしてください。


BROOKの家づくり特徴

女性一級建築士とつくる、暮らしとデザインの両立

設計やコーディネーターが別々の企業が多い中「BROOK」では、家事・育児を経験し、インテリアコーディネートにも精通した一級建築士の入部があなたの家づくりをお手伝いします。

女性ならではの細やかな視点で使いやすい間取りを考え、同時に家具、照明、カーテン、外構もトータルでご提案します。

だから間取りとデザインが一体となった暮らしやすく、心地よい居場所のある、あなただけの住まいが実現できます。

Design House. BROOKは総社市・倉敷市・岡山市を中心にお家の設計・施工をはじめ、家具、照明・カーテン、庭づくりまでトータルで調和のとれた住まい(新築・リノベーション)をご提案している工務店です。とりわけお家に関しては、「暮らし・デザイン・性能」を予算内で叶える「カフェスタイルの家づくり」をテーマに1邸1邸個性を大切にしたお家をつくっています。

 

見学会参加ご予約のお申込みはこちら

LINEからのお申し込みも可能です♪ 

友だち追加

まずは資料請求から


BROOKの一級建築士 入部は、雑誌「住まいの設計」web版の『ESSEonlineに住まいのお役立ち情報のライターとして寄稿しています。

『狭小地ならではの間取りを解説。工夫次第で開放的に暮らせる家は建つ』編

 

『「子ども部屋の広さが平等でない」が実は合理的。納得の理由を解説』編

 

『便利なキッチンレイアウトは?対面、横並び、アイランド…長所と短所を解説』編

 


デザインだけではありません!BROOKは構造・性能・保証にもこだわった住まいをつくっています。

地震に強い耐震等級3の構造

地震大国日本に建てる家だからこそ、耐震性や住まいの強度には特に備えが必要です。

だからBROOK では「直下率50% 以上」・「四分割法」・「壁倍率」この3つをクリアした上で、耐震等級3をクリアする独自の厳しい基準を設け家づくりをしています。


 

高気密・高断熱で真夏・真冬も快適な家

BROOK では断熱材に高性能グラスウールを標準的に採用し、床・壁・天井とも気密性を考慮した技術で家全体を高気密・高断熱仕様(Ua値:0.46以下、C値:0.5以下を目指す断熱・気密仕様)に施工しています。

その結果、エアコンの稼働率を抑えながら「夏涼しく冬暖かい」快適な室内環境が生まれ、家族にも家計にも優しい住まいが実現しています。

「構造・性能について」もっと詳しくこちらでご紹介しています。


住んでからも安心の 5 つの保証

住宅瑕疵担保責任保険・・・10年間の構造躯体に関する保証・保険制度に加入しています。BROOKはハウスプラス住宅保証株式会社に加入しております。

地盤保証・・・基礎工事前に地盤調査を実施し、調査結果をもとに補強工事を行い、10年間の保証をいたします。

シロアリ保証・・・竣工後5年以内に蟻害が発症した場合、最高500万円を限度に賠償責任補償額の給付を保証いたします。

建築中の工事保険・・・工事開始からお引き渡しまでの間、工事中の火災、雪害、水災( 洪水、豪雨) などで建築中の建物が被害を受けた場合はもちろん、資材の盗難などによって損害を被った場合も、その損害を補償する工事保険に加入しているため万一の時でも安心です。

定期点検・アフターメンテナンス・・・BROOK では、お家が完成してからが本当のお付き合いがスタートすると考えています。
そのため、お引渡し後、1 年目・3 年目・5 年目・10 年目に定期点検にお伺いいたします。
また、定期点検以外でもお住まいに対して問題点や疑問点が発生した場合にも迅速に対応させていただきます。


見学会参加ご予約のお申込みはこちら

まずは資料請求から

記事一覧

1ページ (全9ページ中)

ページトップへ